ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

保険ショップへ無料の保険見直し相談行ってみた!(FP無料相談との比較とか・・)

      2017/03/30

2ヶ所めの無料の保険見直し相談に行ってきました。

1カ所目の体験談はこちら→50代の生命保険見直しでドキドキ!FPの無料相談に行った感想は?

2ヶ所めは、来店型の保険ショップと言われている、『保険見直し損保』にしました。

初めての保険相談は、2時間程度かかったけど、2ヶ所めは1度目のFPさんのおかけでわが家の保険内容の把握ができていたせいか、1時間程度で終わりましたよ。つまり、私の質問が少なかったから(笑)。今回も、かなり生命保険のお勉強になりました。

初めての保険の無料相談は、FPさんとファミレスでの待ち合わせでした。今回は、私のほうが保険ショップに出向くという形です。

スポンサーリンク

自宅近くの保険ショップをマネモで探して予約した

自宅から近い保険ショップを探しましたよ。
全国、どこでもここで探せて、予約まで完了するので便利です→LIFULL保険相談 ←旧マネモは新しくLIFULL保険相談になりましたよ。

私はイオンをウロウロしたいのもあり、イオンの中にある保険見直し損保という保険ショップに決定。予約フォームから簡単に日時の予約ができます。

1カ所目の保険相談のときよりも、予約フォームに記載する内容がめちゃくちゃ少なくて簡単。え?これだけ?って感じ^^;

保険の見直し本舗

予約した次の日には、保険見直し損保の担当者さんから私の電話に連絡が入り、予約決定です。

 

「保険見直し損保」での生命保険の相談内容は?

1カ所目と同じで、わが家のたくさんの加入保険について、これからも継続して良いものかどうかを相談しました。

わが家の保険一覧表→見直し前に、わが家の保険をまとめてみました

保険の相談する前に、「50代になって子供も成人したので、保険を見直し、月々の支払い保険料を減らしたい」と意思を伝えましたよ。(なるべく保険を勧められないように^^;)

1ヶ所めの生命保険見直しで「これは予定利率が良い時代のものなので、加入しておいたほうが良いですね」と言われた、いわゆるお宝保険については納得済みなので、相談しませんでした。

 

●介護終身のアクサ生命の保険証書を見せたところ、

保険ショップの人「どういった目的で保険を掛けてらっしゃいますか?介護のため?亡くなったときの葬式代のためですか?」

「これは、転換前は、個人年金でして、老後資金として貯めていたものです。介護終身保険にすることで、保険料払込満了時に一時金としてもらうか年金としてもらうかを選択できるので、介護終身保険のほうがお得だといって勧められたんですよね。だから、貯蓄のほうが目的です。」

保険ショップの人「それなら、この保険は、掛けている魅力が無いですね。もっと貯蓄性のある保険を1本持っていらしたほうが良いですよ。」

「そうですか・・・」(これからは、貯蓄と保険は分けるんだもん、と心の中でつぶやく)

保険ショップの人「葬儀代は、保険で考えてらっしゃいますか?」

「いいえ、現金で考えています。」

保険ショップの人「現金だと、ご主人が亡くなった時に、口座からの引き出しは相続の手続きが終了するまでできなくなるので、生命保険で用意されていたほうが良いですよ。」

「あ、それなら生命保険でも終身保険あるので大丈夫です。」(ていうか、葬儀代くらい私の通帳に入ってるし、と心の中のつぶやき・・笑)

 

●3つのかんぽ生命の保険証書を保険ショップの人に見せたところ・・

やはり、この保険についてアドバイスありました→かんぽ生命がオススメできない保険1位の理由!うちは800万円も支払うの?

医療保険料が高すぎる。日本は、高額医療控除があるし、去年から在宅医療制度が推められているので、入院する機会は少なくなっているとのこと。

現金預金が100万円あれば、基本、医療保障は必要ないでしょう、とのご意見でした。

 

●アフラックのガン保険についての相談アドバイスは?

古いガン保険なので保障内容が悪い。最新のガン保険に入り直しを推められました。
がん診断給付金が、2年を経過すれば何度でも出るタイプの保険ですね。

AIG富士生命とチューリッヒのガン保険がオススメらしいです。

AIG富士生命は、ガン診断給付金に特化した保険で私はこちらが良いと思うのですが、保険ショップの人のイチオシは入院給付金やもろもろの特約のつけれるチューリッヒのガン保険でした。

以前行った保険のビュッフェ相談でも、AIG富士生命のガン保険はオススメされていましたよ。

ガン保険に関しては、検討しようかなって思ってます。

 

●成人した子供に保険は必要か?

かんぽ生命の外交員に勧められて、成人した子供に医療特約付きの生命保険を掛けています。
それって必要ありませんよね?と相談したところ、かんぽ生命は解約して300万円程度の終身生命保険加入を勧められました(汗)。

これについては、ただ同意が欲しかっただけなので、保険ショップの人とは意見が違うな、と思った時点で話をやめました。
解約するつもりなので→子供の保険って必要?成人した子供に掛けてるかんぽ生命養老保険に反省中・・

 

来店型保険ショップに保険の無料相談した感想は?

無料にもかかわらず、1カ所目の保険FPの方と同様、真剣にわが家の保険証券を見てくださってアドバイスしてくださいましたよ。

どちらにしても、うちの身内や知人の保険外交員と違って、しつこくないのが良いですね。しかも、保険に詳しい。(それが当たり前だろうけど)

わが家の加入保険に関してのアドバイスは、それぞれのお考えがあるので、オススメされる保険は違っています。

1ヶ所目の保険FPの方は、医療保障を重視していましたが、保険ショップの方はガン保険に熱弁でしたね。

生命保険選びは、結局、加入する私たちが保険のどの保障が欲しいか、どういった目的で加入するかを意思表示するのが大切かなと。

たとえば、ガンになったときにがん治療の費用が充分に欲しいとか、主人が入院したときの生活費を保険でカバーしたいとか、主人がなくなったときの子供の養育費と1~2年の生活費を死亡保障で備えたいといった、備えたいものの希望ですね。

それがあると、保険のFPさんや保険ショップの方にもどういった保険が欲しいのか、よく伝わりますよね。そこで、最適だと思われる保険を提案してくださると感じました。

入りすぎている保険を減らしたい目的で行った無料保険相談ですが、会話中、あそこそこで他の保険を勧められます(汗)。

でも、それもさらりとで、しつこさを感じないので良かったです^^;

もし、薦められる保険に入り直すにしても、かなりわが家の毎月の生命保険料は安くなるのも分かりましたよ。

加入済み保険を見直すきっかけにもなるし、生命保険の内容を理解できるようにもなるはずで、オススメです。もちろん、家庭の生命保険のスリム化にも。→LIFULL保険相談 ←その後、旧マネモはLIFULL保険相談になりました。

いままで、自分がどんな保険に入ってたかさえよく分からなかったのですが、無料の保険相談のおかげで、すっかり把握できるようになりました^^

ほかにもいろいろやってますよ→わが家の生命保険を見直して月々の保険料を減らすまでをまとめてあります。

 - 生命保険・医療保険