ぽゆら

投資なんてしなくても貯金はできる!お金を貯めるには健康でムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

アクサ生命に「転換」について尋ねたら答えてもらえず、ブチ切れ!

      2016/02/18

今日は、1日アクサ生命保険の見直しにかかっていました。この保険、以前は個人年金だったのですが、主人が知人に頼まれて「介護終身保険」に転換したのです。よくよく内容を見ると、以前の個人年金よりも損する気がします。そこで、アクサ生命のカスタマーセンターに尋ねたくて電話したのですが、ブチ切れました。

スポンサーリンク

ホント、生命保険の仕組みって素人が分かりにくいように作られていますよね。約款なんて、読む人いるんでしょうか?一番早いのが保険会社に電話して尋ねるか、担当の保険外交員に尋ねるかです。

「介護終身保険」に勧誘した知人はすでにアクサ生命を辞めてしまっていて、保険内容を聞くに聞けない状態です。新しく担当になった保険外交員に質問してもいいのですが、保険外交員ってできるだけ会いたくないです。会うとすぐ新保険の見積りしてきますもん。

で、アクサ生命のカスタマーセンターに電話したのです。分かってたんですよ。主人が契約者なので保険受取人であり指定代理請求人でもある私には保険内容について話せないってことは。

でも、保険証書に書いてある専門用語については教えてくれるかも?といった淡い期待が甘かった。

 

アクサ生命のカスタマーセンターに質問の電話したら・・

「『転換価格』という言葉と『転換部分の保険金額』という言葉の違いと意味についてだけ、教えてもらえませんか?」
アクサ生命カスタマーセンター「保険証書に書いてある言葉については、契約者以外の方には、一切お答えできません。用語については、ご契約のしおり・約款をお読みください。」

だんだんムカついてきて、

「じゃあ、主人が病院に入院しているときに保険契約についての疑問はどうしますか?」
アクサ生命カスタマーセンター「当社の営業がうかがうことになるかと思います。」

「では、主人が口が聞けない場合は?」
アクサ生命カスタマーセンター「後継者をたてて、裁判所に申請し、それが承認されたら、後継者の方に契約についてお話できます」

「そんなに保険って難しいんですね。いざというとき、役に立ちそうにないので、解約させていただくことにします。ありがとうございました。」

と、電話をおきました。かなり大人げない行動で、あとで反省はしましたが、マニュアル通りな女性で会社としては役立つ人材なのでしょう。

腹立ちまぎれに言ったものの、言ったことは本心です。保険は、必要以上にかけるものではないな、と思いました。貯蓄として掛けている部分が多々あるので。アクサ生命の生命保険も、わが家には必要ない死亡保障と介護保障です。個人年金なら必要でしたが。

そのあと、仕方なく、アクサ生命の外交員に電話して自宅に来て頂きました。

おかげさまで、保険証券の疑問については解決できました。

外交員さんの助言によると、主人が生命保険のカスタマーセンターに電話して本人確認したあとに「妻に代わります」と私に代われば、私からの質問に対してすべて答えてくれるはずとのことでした。

それって、ドコモの契約なら、そういうふうにしてくださいとオペレーターの方に言われたことあります。でも、アクサ生命の方は「ご本人のみしかお話できません」とはっきり言われましたけど。とにかく、今度、生命保険の契約内容で不明な点があったら、その方法でやってみようと思います。

アフラックの保険解約金については、契約者である主人いに尋ねてもらいましたよ。

で、結局、アクサ生命の保険外交員に新しく出たとかいう保険のパンフレットを渡され、(実は)気弱な私は生年月日を言わされてしまいました。ほらね、ただでは帰らない、保険や。はっきりいって、嫌いです。。

保険の見直し相談でのアドバイスも参考にして、生命保険のリストラ、予定しています!

すでに500万くらいは払ってきたんじゃないかな~保険料。それを貯金してたら・・(・・;)

こちらも参考にしてくださいね→わが家の生命保険を見直して月々の保険料を減らすまでをまとめてあります。

 - 生命保険・医療保険