ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

ふるさと納税の返礼品で良かったものは?我が家のベスト1は肉ではなく…

   

2017年に行ったふるさと納税。初めてにしては、けっこう多くのお礼の品を選んで地方に寄付しましたよ。

2018年はどんな返礼品を選びましょうか。今後のために、去年選んだ返礼品を記録しておくことにします。

実質負担額2,000円とはいえ、必要ないものはいりません。絶対に必要なものやあっても困らないもの、といえばやはり消耗品?
お米やお肉といった食料品が、毎年ふるさと納税コーナーでは人気のようです。ですが、私はちょっと変わったものも選んでみましたよ。

スポンサーリンク

 

2017年にわが家で選んだ、ふるさと納税の返礼品ランキング

わが家では主人と私で、楽天のふるさと納税のコーナーから選んで寄付しましたよ。
楽天ポイントが使えるのでお得です→楽天でのふるさと納税のやり方は簡単!

実際に返礼品が届いてみての感想から、ランキングにしてみました。


第5位 宮崎県高鍋町のドライエイジングビーフ(熟成肉)

この牛肉は主人が選んだのですが、ドライエイジングビーフというものを初めて食べました。存在さえも知らなかったのです。

ふるさと納税で熟成肉を買った感想

主人もよくわからずに、興味本位で購入したみたいですよ。画像のような宮崎県産黒毛和牛のドライエイジングビーフが5つ入っていて、3万円でした。

実はこのドライエイジングビーフ、焼き方がありまして、主人はそれを知らずに普通に焼肉用に焼いたら、硬くて硬くて食べるのにアゴが疲れましたよ(T_T)

焼き方の説明書が入っているので、その通りに焼くとローストビーフのような旨みが味わえます。

でも、やっぱり少々硬めです。とてもよく切れる包丁で、ローストビーフのように薄く切ると良いのかもしれませんが。

冷凍で届いた宮崎県産黒毛和牛は画像のように少々黒っぽい色をしています。これは熟成させてあるから、このような色なんだそうですよ(一見、古いお肉みたいな色ですよね・・)

臭みもなく、旨味が凝縮されたおいしい牛肉といった印象ですが、手軽に調理できないので面倒です。なので今年選んだふるさと納税のお礼品の中で最下位となりました(^^;)
私としては、柔らかい普通のヒレステーキがほうがよかったです。

ちなみに、ドライエイジングビーフステーキの焼き方をご紹介しておきます。

①解凍は、調理する1日前ぐらいから冷蔵庫の中でおこないます。
②調理する1時間前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻し、塩やブラックペッパーなので強めに下味をつけます。
③焼き方は中火よりやや強めで焼きます。
④フライパンから取り出して、アルミホイルでしっかり包み、15分前後休ませて完成です

どうでしょう?これが面倒だと思う私のような人は、選ばない方が賢明です。逆に、この調理法が全く苦にならない人にはおススメですね。

 

4位 静岡県焼津市の特上ボイルズワイガニ

とくに年末になると、カニも、ふるさと納税で人気のある返礼品ではないでしょうか。

ズワイガニもいろいろとありますが、食べやすいのが1番ということで、ボイル済みで脚だけ。しかも殻切り込み入りのものを選んだ結果が、静岡県の焼津市のお礼品15,000円(カナダ産)でした。

30本だったのですが、なにしろ夫婦2人の生活なので、十分過ぎるほどにあり、3回に分けていただきましたよ。
めちゃくちゃ美味しいというほどでもありませんが、それなりに、塩味がきいて美味しかったです。
とはいえ、あまり感動がなかったらしく、ボイルズワイガニの写真は撮り忘れてます(^^;)

 

第3位 エビスビール

350mlのエビスビールが24本入った1ケースの返礼品です。

これはいくつかの県が返礼品として、楽天に出されていましたよ。特別どの県に寄付したいということもなかったので、適当に決めました。

350mlのエビスビール24本で1万円というのは、ディスカウントストアで購入することを考えるとお高いですね。でも、これが実質負担金2,000円と考えると、まったく問題なく思えます。

わが家では、ビールはお米と同じぐらい必ず購入するので、ふるさと納税のお礼品として選ばない理由がありません。飲むのは私だけですが(笑)

 

2位 宮崎県高鍋町のハーブ牛

ハーブ牛は1万円でしたよ。宮崎県高鍋町も、ふるさと納税では人気の地方ですね。

宮崎県高鍋町にふるさと納税をした

画像では2パック見えていますが、下にもう1パックあるので、全部で3パック入っていました。

こま切れのハーブ牛なのですが、ほとんど赤みで脂身が少なく、女性や健康志向の方にはとても嬉しい牛肉ですね。

こま切れなので、料理に使いやすいです。我が家では、牛丼や煮物、炒め物として美味しくいただきましたよ。

さらに嬉しいことに、牛肉の臭みがまったく気になりません。ハーブ牛と名乗るだけのことはありますね。主人とふたり、美味しくいただき気に入ったので、リピートしたほどです。

ハーブ牛を購入したのはこちら→宮崎県高鍋町のふるさと納税(楽天にて)

 

1位 宮崎県都農町の羽毛掛け布団

何年も前から欲しかった私専用の羽毛掛け布団。
お値段3万円ほどのものを買おうとしていたので、実質負担金2,000円で購入できるのは夢のような話。
実はこれが目的で、今年初めて楽天でふるさと納税に挑戦したのです(^-^)

私が選んだのは、宮崎県都農町の返礼品ですよ。宮崎県にある都農町は、ふるさと納税では人気のある県ですよね。羽毛布団を選ぶ人はそういないでしょうが、お米やお肉、ウナギが好評みたいですよ。
羽毛布団を買ったのはこちら→宮崎県都農町のふるさと納税(楽天にて)

 

ふるさと納税で買ったもの

さて、ふるさと納税の返礼品である羽毛布団ですが、我が家に届いたときは、こんな大きなダンボール箱で届きましたよ(^^;)

 

都農町のふるさと納税品

花柄の羽毛ぶとん。持ち手が付いたビニール製のお布団ケースに入っていました。

 

他の地方にも羽毛布団はあったのですが、私が宮崎県都農町を選んだ理由はつぎの3つ。

ふるさと納税お礼品羽毛布団の感想

・羽毛布団の製造が、慶応元年に創業したダルマックスであること、つまり日本製です。

・羽毛がフランス製のホワイトダックダウンであること

・羽毛はダウンが90%でフェザーが10%の割合になっていること
(ダウンはタンポポの綿毛のような羽毛のことで、フェザーはクッションや羽毛枕にも入っている、いわゆる鳥の羽のことですね。つまり、フェザーが入っているほど、お値段も高く温かいのです。)

以上の3点が魅力だったので、都農町の羽毛布団に決めましたよ。残念ながら布団カバーは付いていなかったので、別に購入しました(-_-;)

羽毛布団に寝た感想ですが、すごく軽いのにすごく温かいです。さすがフェザーダウンが90%だけはあります。もっと値段の高い羽毛布団もありましたが、私は充分に満足しています。

本当に買ってよかったです。この冬はとくに冷えますが、温かいおかげで、ぐっすり眠れていますよ。しかも軽いので、肩こりがひどい私ですが、とても快適です。

 

 

ふるさと納税の寄付金控除はいつ、どうやって戻ってくるの?

ふるさと納税とは何?」というところから始めて、去年初利用しました。今年初めて、ふるさと納税での寄付金を確定申告します。
実質2,000円を除く金額が、納めるべき税金から本当に差し引かれるのかな?と少々不安ですが、何ごとも体験がお勉強です(^^;)

確定申告では、ふるさと納税で寄付した分を寄付金控除として申告します。気になるのは、控除されるお金はいつ戻ってくるのかということですよね。

 

①寄付金額のうち2,000円を超える金額に所得税の税率(年間所得によって税率は違います)を掛けた金額が、確定申告してから1~2ヶ月後に還付金として戻ってきます。

②2,000円を超えた額の10%と、2,000円越えの額に「90%-所得税の税率」を掛けたものの合計が、翌年度に住民税から控除されます。

 

さらに詳しくは、総務省のふるさと納税のしくみに「控除額の計算方法がやさしく記載されているので、参考にしてみてくださいね。

ただし、これはワンストップ特例を使わなかった場合であり、確定申告を行った場合ですね。もしワンストップ特例を使った場合は、所得税からの還付はなく、住民税からの控除だけになります。とはいえこの場合、所得税から還付されるべき金額が住民税から控除されるだけなので、結局は同じ金額の税金が控除されるのですね。

住民税の控除通知がくるのは6月だから、少しでも現金で早めの還付をしてもらいたい人は、確定申告したほうが良さそうですね。

実際に所得税の還付金を受け、住民税の控除通知が届くのが待ち遠しいです。ふるさと納税の上限額の計算は間違っていなかったかな?と不安ですし。さらに、すでに多くの現金を支払っていますからね。ふるさと納税ってすごくお得だけど、いったん支払いをしないといけないのがネックといえばネックかも・・(^^;)

とにかく体験してはじめて、ふるさと納税のお得さを強く実感できると思います。そうなると、去年は控えめにふるさと納税の寄付をしたのですが、もしかして、今年はもっと上限限度額近くまで、ガッツリやるかもしれませんね(笑)

 

 

まとめ

ふるさと納税を初めて利用した2017年。返礼品のランキングをやってみた。

第5位 宮崎県高鍋町のドライエイジングビーフ(熟成肉)
約150g×5枚で3万円。
普通に焼いたら、あごが疲れるほど硬かった。
同封されていた焼き方で焼いたら、ローストビーフみたいな感じだったが、やっぱり私には硬く感じた。しかも焼き方が面倒なので、私は柔らかいヒレステーキのほうが良かった。

4位 静岡県焼津市の特上ボイルズワイガニ
カナダ産のボイルズワイガニで脚のみ。30本入りで15000円。
美味しかったけど、可もなく不可もなしという感じ。

第3位 エビスビール
24本入りのエビスビール一箱で1万円。
いつもスーパーで買うので、ふるさと納税の返礼品にあるのは嬉しい。

2位 宮崎県高鍋町のハーブ牛
1.2キロで1万円。
脂身が苦手なので、赤みが多いハーブ牛は良かった。細切れなので、使いやすい。牛肉独特の臭いも感じられずに気に入った。去年はリピートして2回購入した。

1位 宮崎県都農町の羽毛掛け布団
羽毛掛布団のシングルサイズで5万円。
・製造がダルマックスの日本製
・フランス製ホワイトダックダウン
・ダウンが90%でフェザーが10%
軽くて温かい。買ってよかった。

ふるさと納税の寄付金控除したお金はいつかえってくる?
確定申告した場合、申告後1~2か月してから、納めた所得税の還付金として戻ってくる。
その後、住民税から控除される。

ワンストップ特例を使った場合は、所得税からの還付金はなく、住民税からの控除だけとなる。

 - 損しない節約, 買ってみた感想