ぽゆら

投資なんてしなくても貯金はできる!お金を貯めるには健康でムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

口座からの自動引き落としの内容を知って借金も減らそう!

   

前回の記事では「お金を整える」の第5章「借金を整える」を読んでの話だったのですが、「住宅ローンを数回の繰り上げ返済で早期完済した我が家の体験談」だけで終わってしまいました。

引き続き「お金を整える」の第5章を読んで、私が思ったことや体験談を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

「お金を整える」では見えない借金のことを知りましょう、とあります。見えない借金とはいくつかあるのですが、そのなかで思いついたこと、やっていることをお話します。

口座引き落としされている金額と内容をチェックする

「お金を整える」では、まずは通信費についてあげられていますが、口座から引き落としされているものには他にもいろいろありますよね。

そこで、口座から引き落としされている内容は毎月チャックしていますか?

私はお給料日には通帳を記帳してきて、不明なものが引き落としされていないかをチェックします。

クレジットカード明細もネットで確認ではなく、郵送で使用明細書を送ってもらうようにし、すべて確認しています。

そうすることで、解約し忘れていた会員費や有料の動画サイト使用料金などがあってもすぐ分かるので、何ヶ月もムダなお金を払わずにすみます。

 

携帯電話料金のチェック

携帯電話では、使わないオプション使用料を払い続けていることがあります。携帯電話の料金の明細も私は紙で送付してもらうようにして、毎月チェックするようにしています。そうでないと、ネットで毎月見ることさえ忘れてしまうからです。

最近では携帯電話料金の明細表は有料となっています。私は料金を払ってでも郵送してもらっていますが、ネットで確認されている場合は、毎月ネットで携帯料金明細を確認する日を決めるなり、数ヶ月に1回見るように決めるなり、自分なりの取り決めをすると良いと思います。

 

 

クレジットカードのリボ払いについて

クレジットカードは便利で私も数枚持っています。でも、支払い回数は必ず1回払いのみの使用です。

1回払いの場合は、クレジットカードを使っても利息はつきません。これは、販売店が使用手数料を負担してくれているからです。

分割払いも使いませんが、リボ払いは絶対に使いたくはありません。いつ支払いが終わるものか分かったものではないからです。つまり、利息が高いのです。

クレジット会社に勤めていたから分かるのですが、クレジットカードの延滞する人にはリボ払いにしてらっしゃる方が多いです。

クレジットカード会社は手数料、利息の高いリボ払いにしてもらったほうが得なので、よくキャンペーンをやっていますよね。プレゼントやってると思ったら、リボ払いを使った人限定とか。それだけリボ払いはクレジットカード会社が儲かる仕組みなのです。

 

クレジットカードは上手に使いたいですね→クレジットカードの不正利用を防ぐ賢い使い方(あさイチ!)

 

保険も借金と考える?

「お金を整える」では、保険も見えない借金ととらえています。何年先もお金を支払っていく契約をしているからなのでしょう。

そこで、必要な補償内容になっているのか、再度確認することをオススメされています。

我が家でも、すでにやっていますよ。

 

まず、生命保険内容を書き出すことで、契約中の保険の中身が見えてきます。

やってみました→50代わが家の生命保険多すぎ?見直し前に5つの項目を把握する!

保険証券を見ながら補償内容などを書き出していくと、疑問や分からないことがたくさん出てくるんですね。

契約中の保険会社の外交員に質問してみたのですが、あやふやだったり、言葉を濁したりするのでよく理解できませんでした。

そこで、保険の無料相談を利用しました→保険ショップと訪問型FP無料相談を3つ体験!比較とオススメのまとめ

結局、私の場合は2つの保険無料相談を利用して、加入中の保険内容に関して理解することもでき、生命保険の見直し後、かんぽ生命と日本生命の解約もしてしまいました。

保険の無料相談では、他の生命保険も紹介はされましたが、強引に勧められたり、面談後に電話がかかってきたことも1度もありません。ダイレクトメールでさえも来ないので、正直驚いています。。

必要であれば、高い保険料の生命保険は解約して安い生命保険に契約し直すよい機会です。でも、我が家ではすでに良い保険にも入っていたので、多すぎた保険契約を解約するだけでした。結果、生命保険料のスリム化に成功したのです。

かんぽ生命保険の解約は大変だった!返戻金受け取りについてなど覚書き

日本生命保険の解約手続き!返戻金振込で保険料総支払額との差額は?

著書「お金を整える」でも書いてありますが、保険の無料相談ではプロのファイナンシャルプランナーの方がほとんどなので、説明が分かりやすかったです。理解できないところは、何度もしつこく聞きましたが嫌な顔もされませんでした(^_^;)

生命保険もまずは保険証券の見方を知り、内容を知るということから始める。それが結果として、将来のお金の貯め方や使い方にもつながっていきます。

「お金を整える」第1章の感想→「財布を整える」

「お金を整える」第2章の感想→「通帳を整える」

「お金を整える」第3章の感想→「冷蔵庫を整える」

「お金を整える」第4章の感想→「手帳を整える」

「お金を整える」第5章の感想その1→「借金を整える」

 - 損しない節約, 生命保険・医療保険, 読んだ本