ぽゆら

投資なんてしなくても貯金はできる!お金を貯めるには健康でムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

受給資格期間について、ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤルに問い合わせしてみたら・・

      2016/10/02

今年も、ねんきん定期便が送られてきました。毎年、誕生月に送られてくるようですね。

そこでふと、「受給資格期間」が少ないような気がして調べたくなりました。

スマホやパソコンでは「ねんきんネット」で自分の年金加入記録が調べられるようですが、今回も、ねんきん定期便のハガキに記載のあった「ねんきん定期便・ねんきんネットなど専用ダイヤル」に電話してみましたよ。


スポンサーリンク

ねんきん定期便に関する電話での問い合わせ方法

「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」
0570-058-555 に電話しました。

すると、私の記憶では、210秒で10円ほど電話料金が発生しますと。また、お問い合わせの会話は録音します、といった説明が自動音声でありました。

自動ガイダンスにそって「ねんきん定期便」についてのお問い合わせにすすむと、愛想があまり良いとはいえない暗い声の女性が出ました。

ちなみに、スマホからかけると電話代が高くなるだろうと思い、節約のため、家の固定電話から日本年金機構に電話しましたよ。

 

ねんきん定期便について電話で質問してみた

加入年数が合っていない気がするので、確認したいと申し出ました。

住所と名前、生年月日を尋ねられました。次に、「10年以内に引っ越しされましたか?」と質問され、つい「引越ししました」と言ってしまい、「では、お答えできません。加入状況の一覧表をお送りするので、それを見てください」とのこと。

私は今、知りたかったので、本人です。なんでも聞いてください。引っ越しもしていません!と言いはりました(^_^;)

そしたら、「今の勤務先と以前の勤務先を教えて下さい」というので答えると、年金加入状況を教えてくれました。

でも、計算が合わないような気がして私が「んーー」って言ってたら、年金加入記録を自宅に送付してくれるとのこと。

それって、大量の資料ですか?と尋ねたら、「紙1枚です」と言われたので、送付をお願いしました。

【追記】問い合わせの電話をしてから4日後に、郵送で「被保険者記録照会回答票」が自宅に届きました。「厚生年金被保険者記録の見方」も合わせて全部でA4の用紙が5枚。確認したところ、間違いないようでひと安心です。(ねんきん定期便が送られてきたのは28年6月ですが、「ねんきん定期便に記載されている受給資格期間」は28年1月時点での表示だったようです。)

 

ねんきんネットの使い方を尋ねてみた

平成27年度のねんきん定期便には、3ヶ月間有効である「お客様のアクセスキー」が記載されていました。今年送られてきたねんきん定期便を見てみると、記載されていないので、「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」で尋ねてみました。

すると、電話担当者の方も知らなかった様子。「少々お待ちください。お調べします」といってしばらくして返事が返ってきました。

その答えとしては、

平成28年度からは、ねんきん定期便には基礎年金番号が記載されています。いっぽう、お客様のアクセスキーは記載されていません。両方を記載すると悪用されるおそれがあるので。

といったお返事でした。

 

ねんきんネットでは、アクセスキーを郵送で送ってもらうために、最初に登録する必要があります。ネットやスマホでいくつかの質問に答えて登録すると、5日後に郵送で送られてくるそうです。待ち長いですね。

それなら、さっさと「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」に電話して質問したほうが良さそうです。

以前も「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」に電話したことありますよ。
ねんきん定期便の見方が解らない!を解決。日本年金機構に問い合わせしてみた。

と言っても、いつでも疑問に思った時点ですぐに、すべての年金加入記録が見れるのは魅力ですよね。電話代金もかかりませんし。そのうち時間を見つけて、ねんきんネットに登録しようと思います。

 

 

 - やってみた。, 豊かな老後にするために, 年金