ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

『巻き肩』って言われたよ(泣)腕振り運動で、肩甲骨周りほぐして肩こりも解消

   

デスクワークなのもあって肩こりです。50歳になったせいか気持ちも50代になってしまったようで、これって更年期?と肩のこりや肩甲骨のゴリゴリ感を感じます。

それで、先日整体に行ってきました。すると「巻き肩になってますよ」って言われました。『巻き肩』ってなんだろう?とネットで検索してみると、ねこ背のせいで、肩が前のめりになってる状態なんですね。

巻き肩を治すにはどうしたらいいのか、調べてみましたよ。

スポンサーリンク


巻き肩を治すには?

運動不足などで肩甲骨周りの動きが悪くなると、肩甲骨ゴリゴリのコリに。
肩甲骨の周りをほぐすことで血行をよくし、背中を柔らかくすると巻き肩も治りやすくなる。

巻き肩の人は、首から背中にかけての僧帽筋(そうぼうきん)が硬くなって血流が悪くなっている場合が多い。

膏肓(こうこう)のツボを刺激してあげると良い。膏肓は、肩甲骨の内側にあるつぼ。ここをマッサージで押さえてもらうだけで気持ち良いと思われるツボ。
膏肓のツボは、全身の血流を高める効果がある。

 

肩甲骨まわりをほぐすには、腕振り運動がオススメ

「巻き肩」を治すには?」の方法を満たすのが、腕振り運動。

腕を振る運動をするだけで、膏肓(こうこう)のツボを押さなくても刺激できる。
腕ふりをすると、上半身が柔らかくなる。
腕ふり運動は、関節がほぐれ、肩甲骨周りの血行がよくなる。
僧帽筋も、腕を振ることで、血流がアップする。

 

腕振り運動のやり方

①ひざの間は、こぶしがひとつ入るくらいあけて立ちます。

肩甲骨ゴリゴリ改善体操
②画像のように、腕をみぞおちの前にまっすぐ伸ばします。両方手の親指と人差指が触れるようにします。
③両腕をいっしょに後ろに振ります。このとき、力は抜きます。両腕が後ろにいったときに、両手の平は上を向きます。指先は、後ろで軽くぶつかる程度に。
④両手が後ろにいった反動で、前に戻る感じ。
⑤この腕振り運動を毎日、3分間続けます。

※腕振り運動のやり方ポイントは、胸を張ってお腹に力を入れること。

 

cat-fabikon

 

 

さいごに・・

すでに40肩もやっちゃってる私。片方の肩はまだなので、気をつけてます。

腕振り運動、体操ともいうのかな?これは、中国で昔から行われている体操なのだそうですよ。上半身を柔らかくして下半身はどっしりさせるための運動。

腕を振るだけで、肩こりだけじゃなくて腰痛も改善されるのだそう。巻き肩がなおって姿勢も良くなるからでしょうね。

とにかく、肩甲骨周りゴリゴリをどうにかしたいと思っている今日このごろ。まだこの体操をはじめて2日です。

3分間って短いようで単調なことやってると長く感じます。飽きないよう、リラックス音楽かけながらやってますよ。キッチンタイマーで3分間はかって(笑)。1曲が終わるまでやるっていうのでもいいですよね。

↓整体のお姉さんに「巻き肩じゃなくなりましたね?」な~んて言われるよう、がんばります。
ライフスタイルブログ シンプルライフ

 - 健康が一番!