ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

金の訪問買取が実家にやって来た手口とは?3分の1の安い相場で買い取られた体験談

   

先日実家に帰ったら母がいきなり「この前、指輪を売った。」というので、よく話を聞いてみると、訪問による金の買い取りでした。

そのとき、ネットで金の相場をすぐ調べてみたら、かなり安値で買い取りされてました。でも、母は「まっいいわー。ボロも引き取ってもらったし。」といたって平然。

最近は金相場が値上がりしているので、こういった訪問の買取業者って増えているようですよ。

スポンサーリンク

不要品の買い取りをしたいと高齢者に電話

81歳の母の話によると、金の買取業者からは、まず電話がかかってきたそうです。金を買い取りたいとは言わずに、

引き出物など箱に入ったままで、使っていない不要品はありませんか?あれば、買い取らせてください。

といった内容のことを女性が話されたそう。

それで、捨てられない、片付けられない、物があふれている家に住む母は、これ幸いに自分のいらない物を買い取ってもらえると喜んで、訪問買い取りを許可したようです。

母は、箱入りの新品不要品を用意していました。訪問買い取りに来たのは男性が1人。「指輪やネックレスで使わない物はありませんか?」と尋ねるので、「ちょっと待ってね。」というと、いきなり玄関先から勝手に家の中に上がってきたといいます。

汚部屋なので、「ダメダメ」と拒否したそうですが、父が居ても気にすることなくズカズカと上がりこみ、「これを売ってくださいよ!」と、ホワイトゴールドを手にし「5万円でどうですか?」と。

でも、そのホワイトゴールドのネックレスは10万円で買ったので5万円では売れないと母はキッパリ断ったといいます。

「じゃあ、どれかひとつでも売ってくださいよ。」としつこいので、「あんたの粘りに負けた!」と、サンゴの石が欠けていた金の指輪を母は売ったそうです。(おいおい、粘りになんか負けたら相手の思うつぼだよ・・(-_-;))

母は美しいサンゴの石が気に入っていたと話すとサンゴはお金にならないらしく、無理やりサンゴの石を金の台座から抜き取って返してくれたそうです。そのため、サンゴはさらに欠けてしまったとか。(-_-;)

 

 

金の指輪を売った値段と相場の差額

その金の指輪の台座を5000円で買い取り、いくつかの箱入り未使用の品物全部ひっくるめて3000円で買い取りです。合わせて8000円ですね。

いくつかの不要品がそんなにお金になるはずないので実質、金の指輪を8000円で買い取ったってことでしょうね。

このとき、ネットで調べた金の買取相場は1グラムが4,700円でした(日々買取相場価格は変化しています)。

金の指輪の重さを調べてみると、通常で3グラム~6グラムのようです。母のサンゴの金の指輪ですが、私も覚えていて、けっこう土台がごっつかった記憶です。

少なくとも5グラムはあったかと。

4700円×5(グラム)=23,500円
23,500円ー8,000円=15,500円

ざっと15,500円の儲けです。訪問買い取り、そりゃ増えるわけですね。ボロも3,000円という高値で買い取っても当然。素晴らしい利益です。

実家の両親は80歳を超えていて、ネットで金相場を調べるといったことはできません。使わないけど捨てられない不要品を3000円で買い取ってくれたことに喜びを感じさせ、安い金額で金を買い取っていくのが金の買取業者の手法なのかと思われました。

こういった訪問の金買取り業者ですが、一度現物をわたし、お金を受け取った場合は、取り戻すことはほぼ不可能だと、国民生活センターのHPにかかれていました。

 

訪問買い取り業者対応の注意点、アドバイス

(1)買い取ってもらうつもりがないなら毅然(きぜん)と断ること。いったん業者に引き渡された物品を取り戻すのは極めて困難であるため、契約するかどうか十分慎重に検討すること。訪問した業者に退去するように言っても自宅に居座ったり、物品を何か出せと強く迫るなど、怖い思いをしたときは警察を呼ぶこと。
(2)一人で業者に対応するのは避けること。来訪した業者に買い取りを依頼する場合は、家族や近所の方に同席してもらうなどし、一人で対応しないようにするとよい。
(3)相手がどのような業者なのか確認すること。契約前に、業者の住所や電話番号を確認するのはもちろんのこと、古物商許可証等の提示を求め、内容を確認し書き留めておくこと。消費者からのこうした要請にきちんと対応しない業者とは契約しないこと。
(4)買い取り条件などが明記された書面をもらうこと。1グラムあたりいくらで引き取るかなどの買い取り価格の計算根拠や、買い取り条件を確認した上で、それらのことを書面にしてもらい、控えを受け取っておくこと。
(5)なにかあったら最寄りの消費生活センターや警察に相談すること。

国民生活センターHPより抜粋)

わたしの母のように、金の宝石を売ったあとで子供に知れて怒られて後悔し、消費生活センターに相談するケースが増えているようですね。

でも、以前私も消費生活センターに電話してアドバイスを貰おうとしましたが、あまり参考になるようなことがなく、面倒な話ばかりでした。

消費生活センターへ相談してみた!健康食品にはまる高齢な母の相談・・

なので、親の行動に目を光らせておくしかないようです。遠いところに住んでいるので、それも難しい話しですが。

 

 

ホワイトゴールドを私がいただくという思わぬ収穫

そこで、5万円で買い取らせてくれといったホワイトゴールドのネックレス。母は、使わないと言ったので、「私、それ欲しい!」と言ってもらってきました。(^-^)

若い頃は、こういった少しゴッツい宝石は好きではなかったのですが、歳がいくと、細いチェーンの金ネックレスでは物足りなくなってきます。50代の私には、少々ごっついくらいが似合うようです。

母からもらったホワイトゴールド

安くで金を買い取った業者には怒りがこみ上げてきましたが、反面、思わぬ収穫でした(笑)。

 

金の訪問買取業者に対しての今後の対応を相談

今回の訪問金買取り業者の人は、母の話から推測するとまったく不快な印象ではなかったようです。きっと、年寄りの扱いに慣れている、おしゃべり上手な人なのでしょうね。

それで、安値で金の指輪を買い取りされた母ですが、本当にちっとも悔しがってさえいません(^_^;)

とはいっても、ズカズカと家の中に入ってくる人間です。何があるかわからないよ、と注意を促し、これからは、買い取りの電話がかかってきた時点で断るように言っておきました。

安値で買い取っていった腹立たしい金の買取業者ですが、思いがけず良いことももうひとつありましたね。

それは、物で溢れていた玄関がきれいに片付いていたこと。玄関に入るなり私「どうしたの?」と叫んだほどです。でも、部屋に入ったら、いつもどおりの汚い散らかった部屋でしたが(笑)。

金の買取業者が来るということで、玄関先でいいので貸してくださいと電話で頼まれ、玄関だけは片付けていたようです。結局、散らかった部屋に入られたので、片付けた意味はなかったような気もしますが・・(^_^;)。

他にも金の指輪やネックレスを持っている母ですが、釘さしておきました。「老人ホームはひと月に10万円くらいかかるんだよ。お母さんがボケて老人ホームにでも入ることになったとき、私が金を売ってお金作るんだから、2度と売らずに取っておいてね。」と。

そしたら、「あら、老人ホームって月に10万円もかかるの?私の年金では足りないね。ボケないようにしなくちゃ。」って言ってました。

ん?ボケないように、また高価な健康食品を買い続けるってことでしょうか?(-_-;)

 - なるほど雑学, 豊かな老後にするために