ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

女性が起業して成功するには?失敗する理由は?「マイペースで働く!女子のひとり起業」の感想

      2016/02/19

起業したい女性が増えているのでしょうか?「マイペースで働く!女子のひとり起業」という本を図書館でみかけ、読んでみました。著者は、滝岡幸子さん。

女性の起業家というと、最近ではNHKの朝ドラ「あさが来た」の主人公、広岡浅子さんが思い浮かびます。私の周りでも、女性で起業している人もチラホラ。

女性の起業や、在宅副業って、本当に稼げるのでしょうか?

スポンサーリンク


起業や在宅副業をしたい人の理由

  • 時間を自由に使いたい
  • 好きなことをライフワークにしたい
  • 稼いで家計の足しにしたい

こういったことが、女性の起業や在宅ワーク、副業を始める理由となっている人多いと思います。

「マイペースで働く!女子のひとり起業」でも、子どもとの時間を増やしたくて在宅でネットショップを始めた。
料理が得意なので、40代~50代になって料理教室を始めた。
親の介護を経験したことをもとにNPO法人を設立した、といったような事例が掲載されていましたよ。

 

女性が起業するには何がいい?

自分の得意分野を仕事にするのが一番苦にならないし、続くでしょうし、早道ですよね。お料理教室もその事例です。

得意分野がこれといってない場合、過去のことや経験を振り返ってみます。こういったサービスあったらいいな~って思ったことありますよね。そういったことから起業のサービス内容を考え出します。

 

資格取得すると稼げる?

「マイペースで働く!女子のひとり起業」での事例に、キャンドル教室が載っていました。先生の資格を取得するのにずいぶんと費用がかかるそうです。(この場合の資格は、国家資格ではなく、ある協会の資格ですね)

私はフラワーアレンジメント教室で資格取得しました。お花関係はいろいろと種類やコースが盛りだくさんです。おそらく全部で100万円くらいは使っています。でも、資格を取得すると稼げるかというと、そうでもありません。

結局は、自分の技術とショップやお教室の運営力です。資格取得に時間を費やすよりも、お花であれば、お花屋さんにパートでもいいので働いたり、PTAなどで人脈作ったりするほうが、起業したあとに役に立ちます。

 

自宅でパソコンの仕事って稼げる?

「マイペースで働く!女子のひとり起業」では、イラストレーターやウェブデザイナー、ライターとして独立する事例が載っていました。

独立前に、まずはクラウドソーシングを利用して、仕事を受注することをお薦めされていましたよ。

クラウドソーシングというのは、インターネットで業務を発注して受注者を募ります。応募してもらった方の中から自分の条件に合った人と契約してお仕事をお願いするサービスのことです。

有名なところでは、クラウドワークスやランサーズがありますよ。
つまり、こういったクラウドソーシングで自分にあった仕事を見つけて、応募するってわけですね。

 

記事作成代行なら技術も必要ない?

イラストレーターやウェブデザイナーは、技術の習得が必要ですが、最近では、1記事数百円~数千円で記事を受注する仕事もあります。

まずは、安くて簡単な1記事数百円といった仕事を受注していくのも賢明な選択ではないかな、と思います。

そのうち、記事書きが慣れれば、1記事数千円となることも可能ですよね。何より、技術習得にとくべつお金を必要としないのが魅力です。

 

女性のひとり起業で成功するには?

「マイペースで働く!女子のひとり起業」では、

自分に合うスタイルを見つけるのが成功の鍵。
「がんばってもうまくいかない」と感じたら方向転換する。
「諦めずに続けた人」が成功する人

とありました。

なるほど。そうです、そうなんです。でも、実際やってみるとわかるのですが、これが自分にあっている仕事なのか、そろそろ見切りをつけたほうがいいのか、諦めずに続けたほうがいいのか、見極めるのが本当に難しいんですよね。

好きな仕事だと、諦めずに長続きするのですが、それゆえにあまりうまくいってないのに執着してしまった結果失敗したりと、まあ、やってみるといろいろです(^_^;)

 

「マイペースで働く!女子のひとり起業」を読んでの感想

「マイペースで働く!女子のひとり起業」は、ひとりで起業すればマイペースで仕事できて気が楽。自分のやりたい自分にあった仕事で起業する楽しみのススメ。失敗したと思ったら何度やり直してもいい。やり直しするのを恥ずかしがる必要はまったくない。みたいなこと書かれていたのが印象的でした。

あと、実際にひとり起業された女性の事例が多いのが特徴かなと、思います。どんな得意なことや経験、好きなことをお仕事にしてるのかな?知りたい、参考にしたい人にはヒントになって良い本だと思いますよ。

私には、有川真由美さん著書の60歳から毎月10万円稼げる自分を目指すっていうのも年齢的に、オーっ!て感じでしたが(笑)→「働く女のお金のルール」を読んでの感想、貯められる人になる!

 

ネットショップで起業して失敗した私の体験談

わが家は結婚当初から夫婦共働きです。私は家事が苦手というか嫌いなので、仕事のほうが好きなタイプ(^_^;)

自分の力で稼ぎたい、成功したい、やってみたい!ダンナの稼ぎを超えたい!(笑)とネットショップをやったことあります。

想像よりもめちゃくちゃ大変ですね。軌道に乗るまではあれこれ広告出してみたりの失敗でお金使って大変。軌道に乗ったら忙しくて大変。軌道にのったのははじめてから半年ぐらい経ってからでしょうか。しかも売り上げが安定しない。在庫管理は大変。3年ぐらいは続けました。ひとりアルバイトさんを雇うくらい売上も上がっていたのですが、兼業となると、体がもちません。目の回る忙しさです。

結局は、本業をやめるほど売上が伸びなかったので、副業のネットショップのほうをやめました。睡眠時間を削ってがんばっていたんですけどね。

ネット上では、すぐに稼げるとかいう副業や在宅ワークのあまい囁きをよく見かけますよね。

先日はバイキングでも、実際に稼いでらっしゃる主婦さん方が出演されていましたね→副業で稼ぐ4人の主婦たち!その収入額と儲けた方法(バイキング)

そういった副業には、本当に稼げる内容もけっこうあるんですね。ただし、それ相応の努力が必要なはずです。

「1日2時間の在宅作業で稼げる」って書いてあったら、少なくてもその3倍は必要です。それだけやらないと軌道に乗らないからです。成功している人は、通常いわれる5倍10倍努力しています。それを表で言っていないだけなんですね。私も自分がいろいろとやってみて、初めてわかりましたけどね(^_^;)

だから、子どもと過ごす時間を作りたいから起業するっていうのが理解できません。いや、時間取れないでしょ?って思ってしまいます。

家庭で不要になった物をヤフオクで売ってみたり、クラウドソーシングで記事書きしてのお小遣い稼ぎならわかりますけど。

ひとり起業であっても成功するには、それだけの覚悟が必要だと思って間違いありません。

 - 貯金のコツ