ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

名医も食べてる健康食!真似したい食べ物レシピのベスト3は?

   

名医がやっている健康食。「簡単そう!2016年はこれ、真似したみたい健康食」アンケート結果のベスト3。サタデープラスで紹介されましたよ。

真似してみたい名医の健康食第3位

正月太りと高血圧に効果があるという、お酢。

お酢の効能

  • 老化を防ぐ
  • 若返り
  • 中性脂肪を減らす

スポンサーリンク

お酢が健康食であるという実験結果

平均44歳の男女175名に毎日大さじ1杯のお酢を3ヶ月とり続けてもらった結果、内臓脂肪と皮下脂肪がそれぞれ約5%減少したというデータが出たそうです。

お酢。これは以前もサタデープラスで放送されたので、このサイトでも紹介していますよ。
毎日お酢をとりやすくするには?→内臓脂肪や皮下脂肪が落ちやすい調味料で、若返り効果をあげるお手軽レシピ

 

真似してみたい人気の健康食3位

冬にもっとも体によいと言われるキムチ鍋。キムチ鍋は、言わずもがな、体を温める鍋として有名ですよね。

キムチ鍋がもっとも冬のオススメ鍋と言われる理由

  1. 唐辛子の「カプサイシン」が発熱効果をもつ。
  2. キムチの乳酸菌は風邪予防効果。
  3. キムチ鍋の具材相乗効果。

キムチの乳酸菌は体の免疫力を上げて、外から入ってきたウイルスをやっつけてくれるんですよ。

キムチの具材の相乗効果とは、とくに豚肉とにんにく。豚肉にたくさん含まれているビタミンB1とにんにくが結合することで、アリチアミンという疲労回復成分となるのです。

 

キムチ鍋に酒かすを加えると、さらにパワーアップ効果

酒粕とキムチは別の乳酸菌。酒かすを加えることで、キムチ鍋の乳酸菌と酒粕の植物性乳酸菌がお互いに肥料となり、いっそう体によい健康食になります。

 

真似してみたいと人気だった名医の健康食第1位

1日5グラムで肌や血管が若返るわさび

わさびが肌に良いらしいという根拠?

わさび産地の女性の肌を機械で測定してみると、
73歳の女性の肌→61歳の肌年齢と測定(-12歳肌年齢
68歳の女性の肌→54歳の肌年齢と測定(-14歳肌年齢

 

血流がアップしたという実験結果

健康な男女14人がわさび5グラムと水をとり、1時間後に血液の検査を行った結果、9割の13人が血流アップしたというデータ結果がとれた。

 

わさびの効果が出る量と成分

わさびは、1日5グラム。これは、お刺身に付いているわさびパックで2袋。

わさびの根茎部分に、健康成分であるワサビスルフィニルという成分が多く含まれている。

わさびの根っこをすりおろして食べるのが効果的。

ワサビスルフィニルの効果

  • 血流改善(血液サラサラ効果)
  • 疲労回復
  • 花粉症軽減
  • 美肌効果

わさびの苦手な人でも食べれる美味しい食べ方

わさびは鼻にツーンときて辛いのが特徴。それが好きな人も多いけど、苦手な人も多いですよね。子供も苦手です。でも、わさび産地の子どもたちは美味しくわさびを食べていましたよ。

その食べ方は、熱いごはんの上にわさびをのせて食べる。

わさびの辛み成分は熱に弱いのが特徴なのです。

温めれば、鼻にツーンとこなくなります。

【わさび丼】

わさび産地の子どもたちも食べているわさび丼。あつあつのご飯のうえに、かつお節とわさびのすりおろしたものをのっけて食べる。すると、わさびの辛みが抜けて、マイルドな味になります。

※わさびの辛みがなくなっても、ワサビスルフィニル効果はほぼそのまま残る。

 

わさびを使った健康鍋【白菜と豚肉の豆乳ミルフィーユ鍋】

・冷え症、疲労回復にオススメ

お鍋の具材をお皿にとって、薬味としてすりおろしたわさびをかき混ぜて食べる。

サタデープラスでもみなさん、「美味しい」「全然鼻にツーンとこない」と言っている中、「わさびのカタマリで鼻にツーンときた!」と小堺さん。他の人に「よくかき混ぜたら大丈夫ですよ」と言われていました。

わさびの辛みが抜けたうま味で、さらにお鍋が美味しくなるようです。

 

まだある!わさび効果

わさびは、塩味を補強する力もあるのだそうです。つまり、わさびを使うと、塩分少なめでも料理が物足りなくないので、減塩につながります。

 

cat-fabikon

 

 

さいごに・・

冬は、お酢料理は冷たい食べ物といった印象です。お酢ピクルスも冷蔵庫保管ですから冷たくなりますよね。ついついお酢料理は敬遠しがちです。

いっぽう、わが家も冬はキムチ鍋が多いです。なんたって簡単で栄養たっぷりですからね。

酒粕は入れたことないので、今度挑戦したいお鍋となりました。お鍋はワンパターンになってしまって、そろそろ家族もげんなりでしょうし。酒粕を足すぐらいなら、手間いらないですもんね。きっとうま味も倍増しそう。

わさび効果は意外です。とくにお肌にいいというのは初耳。わさび丼、すっごい美味しそうですね。ぜひ食べてみたい。でも、ホンマモンのわさびってお高いですよね。

サタデープラスでは、チューブわさびのことには触れていなかったけど、そうなると、チューブわさびではワサビスルフィニル効果がないってことだと推測してしまいますよね。

たまにお蕎麦屋さんで食べるざるそばにすりおろしたわさびついてくるけど、美味しいですよね。鼻にツーンと来るけど。あれが、辛みがなかったらもっと美味しく食べれそうです。辛いの苦手なので。

想像しただけでも、熱々のご飯におかかと本わさびは食べたくなってきますよ。

今度、本物のわさびをスーパーで見てこようと、心に決めています(笑)。でも、こんな田舎で売ってるのかしら?

↓興味のある方で、応援してくださると嬉しいです^^
ライフスタイルブログ シンプルライフ
家計管理・貯蓄ランキング

 - 健康が一番!