ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

かとうかず子さん「80歳超えの住宅ローン繰り上げ返済」を目標に!

   

先日「老後に差が出る!金持ち母さん貧乏母さん」を読んでいたら、かとうかず子さんと荻原博子さんの対談がのっていましたよ。

かとうかず子さんって、ただいま57歳なんですね。それで、独身。節約以外での老後の備えについて相談されていました。

荻原博子さんは、お金がある高齢者は貯めこまずに使うよういってます→60歳以上の平均貯蓄額が多い理由(「お金は死ぬ前に使え」感想)

いっぽう、老後資金が不安なこれから高齢者となる私たちには、「できるだけ年齢を重ねても働き続けましょう」と、話されているのをテレビや本、雑誌で目にします。

かとうかず子さんにも、同じようなアドバイスをされていましたよ。

スポンサーリンク


80歳過ぎても続くマンションの住宅ローン

かとうかず子さんは、子供さんが中学生と高校生のころに離婚されたのですね。そのときに購入したマンションがあるんだそう。その住宅ローンがまだまだ残っているそうなのです。

友人から、80歳すぎまで働くの?と言われて初めてそうなんだ..と気づいたっていうから、無謀というか男前というか(笑)。

東国原英夫さんと結婚されていた当時は、お金のことはすべて元夫が管理していたそうで、まったく無頓着な方のようですね。やっぱり男前。

マンションを購入したときに意識されたのは、団体信用生命保険のことぐらいのようです。自分にもしものことがあったときに、子どもたちに負担がかからないようにですね(団体信用生命保険加入で、契約者が死亡後は住宅ローンを払わなくても家は相続人に残る)。

 

働き続ける目的は、教育費が終了したら、住宅ローンの返済!

離婚することでは、友人たちからも無謀だと驚かれたかとうかず子さん。いままでは、子どもたちの学費を稼ぐために、それだけを原動力にがんばってこられたそうです。

お子さんたちの自立を目の前にして、今後は住宅ローンの繰り上げ返済を目指して、80歳過ぎても働き続ける意気込みのようです。

女優さんであれば、歳相応の役もありますし、かとうかず子さんであれば、充分にこなせる力量をお持ちですよね。

老後の備えについてはこちらでも→「老後破産」や「老後貧乏」に振り回されない。定年後に備えるには、お金よりも健康!

 

cat-fabikon

 

 

さいごに・・

かとうかず子さんって、若い頃から美人で今もお綺麗なのですが、変に若すぎない美しさが好きです。昔は美人過ぎな印象だったけど、最近はふくよかで親近感沸くので今のほうが好き(笑)。

荻原博子さんが、かとうかず子さんに57歳とは思えない綺麗の秘訣を尋ねていらっしゃいましたよ。(荻原博子さんも女性だったのですね^^;)

その答えは、
・楽しみを見つける
・ひとり時間を大切にする

この2つだそうです。ひとり時間は、体調を整えたり体を動かす、早寝早起きなどといったことですね。翌朝早くにお仕事あるときは、前夜は8時過ぎに寝てしまうこともあるんだとか。

早寝早起きは、かとうかずこさんの以前からの習慣のようです。
他にも、少し前のかとうさんのこと書いてありますよ→かとうかず子さん、更年期を乗り越えるコツ (別サイトに飛びます)

特別なことではないようですが、きちんと自分を管理していらっしゃる印象です。女優業は体が資本ですものね。やっぱり早寝早起きって肌にも良いのでしょうね。

綺麗で聡明、魅力的な女性ですから、いいお話もたくさんあったでしょうに、自分の力で歩いて来られたのだな~と、伝わってきました。いきいき働く女性って美しい!同じく、そうありたいですね。

↓興味のある方で、応援してくださると嬉しいです^^
ライフスタイルブログ シンプルライフ
家計管理・貯蓄ランキング

 - 豊かな老後にするために