ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

いらない服やバッグ、靴をフクサポを利用して寄付してみた体験談

   

あなたは、いらない服って、どう処分していますか?

私は初めて、フクサポを利用してみました。不要になった洋服にバッグ、靴といったものが寄付金になったり再利用されたりするですね。おかげさまで、心もクローゼットもすっきり軽くなりました。

 

スポンサーリンク

洋服を寄付できるフクサポ

フクサポとは、

ご家庭で眠っている衣料、靴、鞄、服飾雑貨をフクサポへ送ることで、その衣料は、あなたからの寄付金となり、テラルネッサンスの支援活動に役立てられます。また、その衣料を貴重な資源ととらえ、国や地域を越えて有効利用させていただく活動となっております。
(フクサポ公式サイトより)

フクサポの利用方法は、フクサポ公式サイトを見れば簡単ですよ。
とは言っても、私も利用してみて初めてわかったこともあるので、記録しておくこととします。

 

フクサポに送るダンボールにはサイズ指定がある

まず最初に、不要になった衣類を詰める段ボール箱を準備します。

このダンボール箱ですが、サイズ指定がありますよ。

縦・横・高さ3辺の合計が、120cm 以上~160cm 以内となります。
このサイズ内であれば配送料が無料ですが、このサイズ以外の場合、配送料が、私たち送り主の負担となるので、気をつけましょう。

私は近くのスーパーに行って、不要になったダンボールを無料でもらってきました。120cm 以上となると、思ったよりかなり大きなダンボールで、段ボール置き場(お客さんが持って帰ってもよい段ボールが置いてある)になく、店員さんにお願いして探してもらってきました(^-^;

 

私が今回用意したダンボール箱は、紙おむつの空き箱のようです。3辺の合計が126cmくらいでした。

 

ダンボール箱に不用な服、靴、バックを梱包

けっこう、不要な衣類がたまっていたと思ったのですが、段ボール箱につめてみると、ちょうど良いくらいの量になりました。

上の方が少しあまったので、プチプチを入れておきましたよ。

 

フクサポにネットから申し込む

フクサポは電話でも申し込むことができますが、私はネットから必要事項を記入して申し込みしました。

申し込みをして初めて気づいたのですが、荷物の回収は、申し込みから4日後以降になります

4日後以降であれば、集荷希望日の日にちと時間を指定することができます

ネットで申し込みを完了すると、フクサポより、『お申込みを受付けました』という自動配信メールが届きました。

 

用意されている宅配便の伝票

ネットで申し込みしてから4日空くので、本当に集荷に来てもらえるのだろうか?とちょっと心配でした。(^-^;

私は日曜日の朝9時から12時を指定していましたが、11時過ぎに佐川急便さんが集荷に来てくださいました。

この時、佐川急便さんが用意された伝票を持ってきてくださいます。伝票を書かなくていいので、面倒くさくありませんね。

私はフクサポの指定通りの大きさのダンボール箱だったので、着払いになり送料無料です。

 

私の洋服の断捨離方法

私の場合、こんまりさん流に、ときめかなくなった洋服やバッグたちはとりあえず、いったん、押し入れの決めた場所に入れておきます。

不要になった洋服がある程度たまった時点で、処分することにしています。

ときには、あの服が着たい!と気分が変わり、不用品置き場の押入れから復活することもありますよ(笑)

画像は、今回フクサポに寄付したバッグに靴、コートです。

がんばってせっかく買ったコートなのに、なんだか似合いません。。それで、いつも他のコートを着用してしまい、あまり着ていません。

パンプスも買ったものの、ヒールが高くて足が痛くなるため、ほとんど履いていないので、なかなか捨てれませんでした。

サマンサタバサのバッグは、飽きて使わなくなったのですが、もったいなくて捨てることができませんでした。(^-^;

地区のリサイクル回収では衣類がリサイクルに出せるのですが、服やバックは処分が必要です。

ブランド物であれば、ブランディアなどの買取業者に売るという手もありますね。

でも、私の持ち物は、エルメスのバッグみたいに高価なものでもないし、買取りのお金はいらないから、ブランド物じゃないものもリサイクル品として引き取って欲しいなと。

そこで、フクサポが、私の希望にはぴったりだったのです。

ちょっと高価だったからと捨てられないコートや、まだ使えるために捨てられないバッグや靴たち。誰に文句を言われるわけでもないのに、その後ろめたさからか、使わないのになかなか捨てれなかったものも、誰かの役に立つと思えると、処分する気持ちになるので助かります。

地曳いく子さんの著者「服を買うなら、捨てなさい」にもあるように、新しい服を買うには捨てることも大切です。これでまた素敵なものが入ってくるかと思うと、ちょっとワクワクします。(^-^)

フクサポを実際に利用してみて簡単だったので、また次回も利用したいと思います。

 - やってみた。, 片づけ/収納