ぽゆら

投資が苦手でも貯金はできる!お金を貯めるには健康で生命保険を見直すなどムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

がんの治療費っていくら?300万円以上は必要という多くの人の思い込み・・

   

解約したいけどできないアフラックのがん保険。というのは解約しても戻ってくるお金がわずかだから。つまり、ほとんどが、掛け捨てになっちゃってるんですよね。

ところで、がん治療費と言うと高額なイメージがありませんか?がんになったら、個人負担は最低でも、100万円以上必要なものかと思っていました。

実際は違うんですね。あなたのイメージでは、いくらぐらい、がんの治療費にかかると思いますか?

 

スポンサーリンク

 

がん治療費は300万円より多いと思っている人が多い

アフラックが、がんに関する意識調査を行ったそうです。

その結果、約3割もの『がん未経験者』に、がん治療費には300万円より多くかかるイメージがある、ということがわかりました。

CMの影響もあるのでしょうね。「がんにかかってしまったら、お金がかかる。治療できない、暮らしていけない、どうしよう・・」みたいな。

でも実際は、日本の社会保険制度は世界でもトップクラス。
個人での医療負担の上限が決まっている、ありがたい高額医療費制度もありますからね

 

 

実際にガン治療費にかかった費用の総額

がんの治療費全般にかかった費用は総額でいくらぐらいでしたか?といった質問への、がん経験者の回答は以下のようです。

 

最も多かったのが、50万円程度の36.3%

次に多かったのが100万円程度で29.5%

次が200万円程度で20.2%

300万円程度が6.9%

300万円より多いのが5.2%

その他1.9%となっています。

 

これらは、アフラックのがんに関する意識調査によるものです。

40%近くの人が50万円程度という調査結果です。
そのうえで、社会保険が適用されないがん治療もあったり、ステージが上がれば、がん治療費がかさむなどの理由から、高額な治療費を要することもあるのでしょうね。

 

 

がん保険ではなく就業不能保険を検討するのも選択肢の一つ

がん患者の約3割が癌を理由に退職しています。また、退職はしていなくても約3割の人たちが収入減となっているのだそう。

こういった実情をふまえて、がんの治療費は貯金でまかなったとします。

ですが、収入減による住宅ローンの返済の滞りや生活費が心配な場合は、期間限定で就業不能保険に入るというのも一つの選択です。

なぜ期間限定かというと、、定年までや65歳までの間を就業不能保険でまかなうためです。

その後、年金時給が始まれば、療養生活となっても、収入が途絶えることはなくなりますからね。

 

 

がん保険選びで注意したいこと

貯金があれば、大丈夫そうだけど、やっぱり最低限のがん保険に入りたい。そんな場合、勘違いしやすいこと、注意したいことありますよ。

お祝い金は、もともとが自分のお金

がん保険に加入後、定められた年数、がんと診断されなければ、お祝い金が支給されるという商品があります。

いっけん、お得なように感じられますが、お祝い金の分は月々の保険料に含まれています。ということは、結局は、お祝い金を自分で払っているのです。お得と勘違いしないようにしたいですね。

なんていいつつも、私も知らずに、「お祝い金」が出る保険が大好きでけっこう入っていました。お金が増える!と勘違いしていたのです。
かんぽ生命に農協の建更、日本生命。これらも同じ仕組ってわけです。

そうと分かってから、予定利率が良かった時代に加入したかんぽ生命は残していますが、ほかは解約しました。

日本生命も解約しましたが、建更は、あと数年で満期なので一括払いして残してあります。

 

インターネット申し込みはお得じゃない?

がん保険のインターネット申し込みはお手軽に感じますが、保険内容が分かりにくいために、理解が困難。結局、高くつく可能性が高くなります。また、がん保険でネット割引というのは、今のところ見当たらないようなので、この点もチェックしたいですね。

 

指定代理請求特約をつける

高齢な親などが被保険者の場合、指定代理請求特約をつけておくと良いかもしれません。

この制度を利用すれば、配偶者や子どもが本人に代わり、給付金を受け取れます。

指定代理請求特約は、後から手続きできるケースも多いので、活用したいですね。

 

がん再発の場合、保険の補償は受けられるか?

がんは、再発が気になる病気です。

一般的ながん保険は、最後の治療からある一定年数を経過していないと、次の医療保障が支払われないような契約となっています。

最近のがん保険には、何度でもすぐに保障が支払われる保険商品もありますが、その分、掛け金が高額となるケースもあるので注意が必要です。

 

 

まとめ

がんの治療費にいくらかかるかは、いろんなケースがあるわけで、かかってみないことにはわかりません。でも実際には、思ったほど高額ではないと分かり、ちょっと安心しました。

日本ほど多くの人が、がん保険に加入している国民は他の国ではないのだそうですが、心配症の国民性だからしょうがありませよね。

せっかく高いお金を出して入ったので、お金で安心を買ったと思えばいいし、がん保険に入ったからがんにはならない!と思い込めば、しめたものだと思っています(笑)。

掛け捨て部分が大きくて、もったいなかったな~、損しちゃったかな~なんて、いまさら思ってたら、ストレスになって病気の原因になりますからね。(^_^;)

今からがん保険に入る人は、おおまかな予備知識をもって、保険の説明を受けると理解が深まりますよ。今は、いろんな情報や知識はネットで簡単に手に入りますからね。

あとは、私の経験からですが、勧誘のない無料保険相談に行くのも勉強になっていいですよ。
親戚知人といった保険外交員の話をうのみにして、あとで後悔していた昔に比べたら、ホント、便利な世の中です。

 - 生命保険・医療保険