ぽゆら

投資なんてしなくても貯金はできる!お金を貯めるには健康でムダ遣いを減らすこと。40代で老後貯金もできちゃう家計の秘訣。

お金を貯めるには電子マネーは使わない!デビッドカードや現金支払いとの違いを知る

   

先日友人が「今月もピンチ!」というので、ランチをおごりました。電子マネーを使いすぎたのだそうです。

電子マネーの使いすぎ?電子マネーって、あらかじめ入金しておいた金額以内で利用できるイオンのwaonカードしか使ったことのない私。

友人は私と違って、電子マネーのオートチャージを利用しているようですよ。どうして友人はいつも電子マネーを使いすぎるのでしょうね?

スポンサーリンク

買い物は現金払いのメリット

私の場合は、通常のお買い物はいつも現金払いです。1万円以上の買い物はポイントを貯めたいこともあり、クレジットカードの1回払いを利用します。
不正利用防止にキャッシング枠は0円にしたり、クレジットカードの利用限度額も変更して、使いすぎにも気をつけていますよ。

現金支払のメリットとしては、無駄遣いが減ります。

・財布の中を見れば所持金が分かるので、細かくは把握していなくても使った金額のおおよそは検討がつきます。つまり、お金の管理がしやすいのです。

・現金で支払うと、お金が出て行くことを実感できます。本当は1万円以上でも現金で支払うともっとお金を使う痛みが分かって、高価な買い物も減り、出費が少なくなるような気さえします。

・現金支払であれば、所持金がない場合は次回の買い物にまわすこととなります。ついで買いも減ります

 

 

電子マネーとは?

電子マネーとは前払いタイプのプリペイドと呼ばれるものと、後払いタイプのポストペイ型があります。

前払いタイプのプリペイド型は、専用機械などから事前にチャージ(入金)しておいた金額内だけ使えますが、後払いタイプになると、登録しておいたクレジットカードからひと月分まとめてあとで請求がきます。

電子マネーには、オートチャージ機能がついているものがあります。これは一定金額以下の残高になると、自動的に一定額をチャージ(入金)する機能。

suicaやpasmoなどのオートチャージ機能を利用すれば、事実上は後払いとなります。

電子マネーの後払いやオートチャージの利用は、借金と同じだと考えるとよいでしょう。

 

 

デビッドカードとは?

デビッドカードは知っていますか?
三菱東京UFJ銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行などのキャッシュカードにはデビッド機能がついています。

デビット機能は買い物の支払いと同時に銀行口座から代金引き落としとなります。つまり、登録してある銀行口座残高以上の支払いには使えません。これは借金とはなりませんね。

今まではデビッドカードを使う利点がなかったり、加盟店が少なかったので利用している人どころか認知度も低かったのですが、最近は徐々に加盟店も増え、デビッド機能を使うことでポイントが貯まる楽しみも追加されたりと、利用者も増えています。

 

 

お金を貯めるには、現金支払い、電子マネー、デビッドカードのどれがいい?

クレジットカードも使う管理を怠るとお金を使いすぎるといった危険がありますが、日常で数百円といった買い物には使いませんよね。

いっぽうでは、電子マネーにデビッドカードは日常の細かい支払いに使用されるカードです。

お金の使いすぎを減らして貯めたいのであれば、迷わず現金支払がオススメです。
その次にはデビッドカードと電子マネー(後払いはダメ。事前にチャージして使う前払い)。

 

 

お金が貯まらないという人は、いつ何にお金を使ってしまってお金が無くなったのかが分からないといいます。

電子マネーにしろ、デビッドカードにしろ、カードの利用は管理する必要があります。でも、管理したくない、できない、と思うのであれば、面倒でも現金支払にするべきです。お金を貯めるつもりがなければ別ですが。

私も、電子マネーの前払いをイオンカードのwaonで使ったことあります。waonカードを使えばイオンでのお買い物が2割引きになったからです。

電子マネーwaon貯まらない

でも、電子マネーの前払いって、とっても面倒ですよね。前もってチャージしておかないといけないし、残高がいくらだったかすぐ分からなくなるし。ポイントを貯めようかと一時は思ったのですが、使うのが面倒で数回使っただけです。

カードのポイントなんていくら貯めようと、無駄遣いを減らしたほうが得なのは明らかです。

 

 

支払いが便利だとお金を使いすぎる理由

電子マネーの後払いとオートチャージ機能の利用では、お金を使った履歴を把握しにくいです。

毎日電子マネーを使ったレシートを家計簿につければよいのですが、電子マネーの後払いやオートチャージを使うタイプの人が家計簿をまめにつけるとは想像できません。

お店での支払いにはとても便利で時間の節約にもなります。でも、便利がゆえにいつの間にかお金を使いすぎるのです。

おサイフケータイでオートチャージを利用している友人は、何度も電子マネーの利用金額を把握することにチャレンジしたけどできず、毎月請求がくると予想以上の金額で貯金ができない状態になってしまいました。

やっと先日、「コンビニでは現金支払に戻る!」と決意したようです。しばらくはコンビニでの支払いが面倒でしょうが、家計が赤字続きになるよりはましですよね。
(というか、コンビニ通いをやめるともっと節約できるのでしょうが、それは彼女の生きる楽しみのようなので、おいておきます。。)

あと、お店での支払い時にはお財布の小銭をできるだけ先に出して支払うようにすると、脳の活性化になって老化防止になるそうですよ。

コンビニなんかで、電子マネーでピッと即座に支払うのってお金持ちみたいでカッコいいなーといつも見ていて憧れます。でも、実はお金は口座にあまりなかったりして・・。

できるだけ若々しい脳でいられるよう、ダサくても私は現金支払いをつらぬきます(笑)。

 - 損しない節約, 貯金のコツ, クレジットカード